2021年01月10日

元彼の遺言状

第19回『このミステリーがすごい!』大賞(賞金:1200万円)受賞作が、
新川帆立の「元彼の遺言状」に決定しました。


 
 (楽天ブックス

 こちら >> 元彼の遺言状・特設サイト|新川 帆立|宝島社


作者の新川帆立さんが、『王様のブランチ』の「BOOKコーナー」に出演していました。

 ・東京大学法学部卒
 ・現役の弁護士
 ・小説家
 ・プロ雀士

という “才能に満ちあふれた” キャリアを持っていることにまず驚いたのですが、彼女が
 弁護士になったわけ(あるいは小説家になったわけ)
を聞いて、さらに驚きました。


元々は(最終的には)小説家になりたかったらしいのですが、
「まずは弁護士になって経済的基盤を整えてから小説家になろう」
と考えたのだそうです。


「まずは弁護士になって」という発想が、“天才ならでは” です。


そして、大賞受賞作となった「元彼の遺言状」ですが、現在、特設サイトの方で
第1章が “漫画” で読めます。


  元彼の遺言状_漫画.jpg


「自分を殺した犯人に遺産を譲る」というあたりは、突拍子も無いようでいて、実はミステリーにはありがちな設定です。

しかし、探偵役たる女弁護士が “お金が大好き” であり、犯人となり得ない依頼人(=成功報酬)のために「完璧な殺人計画」を立てようとするあたりは、今までに無い展開のように感じます。


早速、図書館に予約を入れました。


posted by とちた at 01:55| 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする