2018年02月28日

赤いサイロ

平昌五輪カーリング女子『LS北見』の “もぐもぐタイム” ですっかり有名になった北海道のチーズケーキ「赤いサイロ」が、今、ものすごい人気で全然手に入らないのだそうです。


 こちら >> 清月 赤いサイロ


すでに注文済みであっても、いつ届くかわからない状況なのだとか。


この商品は北海道のおいしさが詰まっていることも人気の理由ですが、ひとつひとつが小箱に入ったパッケージの形にも人気の秘密があるように感じます。


赤いサイロ.png


ひと箱をかばんの中に忍ばせておいて、ここぞというときに、“もぐもぐタイム” を皆、実施したいのではないでしょうか。

またLS北見が “もぐもぐタイム” にこの「赤いサイロ」を選んだのも、このパッケージの形がちょうど良かったからのようにも思われます。


早く手に入れてみたいものです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

清月 赤いサイロ 5個入
価格:840円(税込、送料別) (2018/2/28時点)


posted by とちた at 13:41| 菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

ばかうけ 方言バージョン

栗山米菓の「ばかうけ」シリーズに “方言バージョン” が加わるそうです。


発売日は3月12日、5種類が発売になります。

ばかうけ方言バージョン.png

 こちら >> ばかうけ方言シリーズ|株式会社栗山米菓|Befco(ベフコ)


栗山米菓は、これまでも “ご当地ばかうけ” などを発売してきましたが、今回は商品名までもご当地の方言に変えてしまいました。


 ・北海道:ホタテバター味 ⇒ なまらうけ
 ・仙台:牛タン風味 ⇒ いぎなりうけ
 ・名古屋:手羽先風味 ⇒ でらうけ
 ・大阪:たこ焼き風味 ⇒ めちゃうけ
 ・博多:からし明太子風 ⇒ ばりうけ


ご当地の味を方言と一緒に楽しめるところが良いですね。


ただ、個人的には「ばかうけ」は新潟を代表するお菓子だと思っているので、商品名が他の地域の方言になってしまうことで、少しだけ違和感を覚えます。



posted by とちた at 11:10| 菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

歌舞伎揚 由来

「歌舞伎揚」というお菓子がありますが、最近、この歌舞伎揚の名前の由来を知る機会があって、びっくりしてしまいました。





私はずっと歌舞伎を鑑賞するときのために販売され始めたのが、名前の由来だと思っていたのです。

商品パッケージも、いかにも歌舞伎座で販売されていそうなデザインになっています。


しかし、事実は違っていました。


実はあの歌舞伎揚のギザギザの表面(ひび割れ)の中に “歌舞伎俳優の家紋” が隠れているのだそうです。


焼く前の生地には、このように家紋がしっかりと刻印されています。

歌舞伎揚げ01.jpg

それが焼くことによって表面が割れて、家紋が判別しにくくなっているのです。

歌舞伎揚げ02.jpg

(画像:「歌舞伎揚について:歌舞伎揚の天乃屋ホームページ」より)


それでも、昔は今より堅めに焼いていたので、今よりはまだ家紋が確認しやすかったのだとか。

それが、今では “隠れミッキー” のようになってしまいました。


果たしてどれくらいの人が気付いていることでしょうか。


ちなみに刻印されている家紋は全部で12種類で、そのうち四角形のものはただ1つとのことです。

ですから、ふだんは四角形と丸形の2種類しかないと思っている歌舞伎揚も、実は12種類があの袋の中に入っていることになるのです。


posted by とちた at 00:51| 菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月20日

ポップコーンファウンテン

イーバランスから「ROOMMATE ポップコーンファウンテン EB-RM29A」という製品が発売になりました。


EB-RM29A.jpg


ポップコーンメーカーなのですが、出来上がったポップコーンが溢れ出てきて、外側の受け皿に溜まるような仕様(デザイン)になっています。


 こちら >> ポップコーンファウンテン ROOMMATE EB-RM29A


また、出来たポップコーンは自然と溢れ出てくるのではなく、わざわざ内蔵ファンで、外に向かって吹き飛ばしているのだそうです。


これは、嬉しい演出ですね。


パーティなどで喜ばれそうです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポップコーンファウンテン ROOMMATE EB-RM29A
価格:7980円(税込、送料無料) (2017/12/20時点)


posted by とちた at 13:31| 菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

牧家の白いプリン

北海道のお土産に「牧家の白いプリン」という “まるい風船に入ったプリン” があるそうです。


牧家の白いプリン.png

 こちら >> Bocca 牧家の白いプリン


風船につまようじで穴をあけると、外側の風船がぷるんと割れて、中から白いプリンが飛び出してきます。





お好みで添付のカラメルソースをかけて食べるのだそうです。

北海道産の「だて牛乳」から作られてますので、見た目だけでなく、味も全然違うのだとか。


北海道土産というと、同じくつまようじで穴をあけて(割って)食べる「まりも羊羹」というものがありますが、ひょっとしてあちらからヒントを得た商品でしょうか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

毬藻羊羹(まりもようかん) 10個入
価格:540円(税込、送料別) (2017/12/19時点)


posted by とちた at 18:33| 菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする