2019年04月07日

会話は、とぎれていい

『王様のブランチ』で、加藤綾子(カトパン)の著作「会話は、とぎれていい 愛される48のヒント」という本が、取り上げられていました。


 

 こちら >> 会話は、とぎれていい 愛される48のヒント [ 加藤綾子 ]


いわゆる “コミュニケーション力” をアップさせるための自己啓発本のようなものなのでしょう。

カトパンが、さんまさんやタモリさんなど、超一流のコミュニケーション力を持つ人たちと接する中で、気付いたことについてまとめているようです。


実は、私はこの手の書籍を今までに “何冊も” 読んできました。

理由はただひとつ、自分の “コミュニケーション力” に自信がないからです。


そして、この手の本は「それが出来ないから悩んでいるのに」という内容のものが多いようにも感じてきました。


その点につき、

この本は、まず タイトルがいい です。


最初に(タイトルで)「会話は、とぎれていい」と言ってもらえると、俄然読んでみる気になります。

 ・会話が続かない
 ・相手の話題についていけない
 ・沈黙が恐い

というのが、“コミュニケーション下手” の人の特徴だからです。


まだ発売日前ということで、(本当の)内容は分からないのですが、タイトル通りの内容であることに期待します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

会話は、とぎれていい 愛される48のヒント [ 加藤綾子 ]
価格:1274円(税込、送料無料) (2019/4/6時点)


posted by とちた at 08:35| 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする