2020年01月20日

ツインシェフ

ショップジャパン』から「ツインシェフ」という調理器(自動調理鍋)が発売されました。


 

 こちら >> 自動調理鍋 ツインシェフ


本体に2つの内鍋を持つ調理器で、ひとつの鍋でご飯を炊き、もうひとつの鍋でカレーを煮込むなど、2つの調理を “同時に” 行うことができます。


予めセットされている「クイックメニュー」は以下の10種類

 ・白米炊飯
 ・玄米炊飯
 ・炊き込みご飯
 ・雑炊
 ・おかゆ
 ・スープ
 ・煮込み料理
 ・蒸し料理
 ・ケーキ
 ・ヨーグルト

それぞれの調理方法に適した温度と時間が予め設定されており(それぞれの内鍋に別々に設定することが可能)、切った材料を入れてボタンを押すだけで、調理ができてしまいます。


同時に2品が調理できるということで、てっきり “おひとりさま用” の調理器かと思ったのですが

 ・炊飯(ご飯)は4合
 ・カレーは6皿分

が調理できるということで、実は “ファミリー向け” の商品でした。


にも関わらず、本体の大きさが “横幅41cm” とコンパクトなところも驚きです。


 


個人的には、この「ツインシェフ」に2品を調理させておき、さらに、メインディッシュを別に(自分で)調理するという使い方が合っているような気もします。

「ほったらかし調理で楽をしたい」というよりは、「限られた時間で、料理の品数をさらに増やしたい」という人向けの製品なのではないでしょうか。


 


火加減調整が優れている上に、フッ素コーティングがされているので、焦げ付きなどが少なく調理後の手入れが簡単なところも良いと思います。


  
posted by とちた at 17:12| 家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする