2020年12月07日

櫻坂46 1stシングル ヒット祈願

昨日の『そこ曲がったら、櫻坂?』は、櫻坂46 1stシングル「Nobody's fault」の “ヒット祈願(完結篇)” でした。


 


ヒット祈願の内容は、“修行登山” 。


山梨屈指のパワースポットである「金櫻神社」の “御神体” である「五丈岩」にて、ヒット祈願を行なうのですが、この “御神体” は、
金峰山の 山頂(標高2599m) にあるのです。


 こちら >> 五丈岩|金峰山|甲府・湯村・昇仙峡の観光スポット


しかも

 ・岩場あり
 ・ジャングルあり
 ・ハシゴあり
 ・砂あり
 ・断崖絶壁あり

と、一筋縄ではいかない数々の “難関” を全てクリアしないと行けません。


 最終的に、登頂にかかった時間は 7時間半。


こういったヒット祈願(企画)には、オンエア(の編集された映像)からは想像もつかないような辛さや苦しさがあると、毎回、思いさせらされます。


見ていて、欅坂46「黒い羊」のヒット祈願(滝行)のことを思い出しました。

あのときは、皆が滝に打たれながら、それそれの “思い” を叫びました。


それを見て、「皆、何か(辛いものを)抱えている」ように感じたものですが、

 ・・・今回は、少し違っていました。

(個人的な意見ですが)「黒い羊」のときは、「欅坂46を守りたい!」という思いが、とても強かったように感じるのに対し、


今回は、もっと別の “何か前向きな思い” を感じました。


スタジオで小林由依が言った

 「(登ったあとに)絶対、大丈夫だな、と思った」
 「これで、晴れやかな気持ちで進める」

という言葉が、妙に言い当てているように思います。


「Nobody's fault」いよいよ明後日発売です。


posted by とちた at 20:16| 坂道シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする