2022年07月09日

日向坂46 希望と絶望

日向坂46ドキュメンタリー映画第2弾『希望と絶望』を観てきました。


 

 こちら >> 映画『希望と絶望』公式サイト|日向坂46 Documentary Film 2nd


「この映画で、あらためて分かること」それは、「アイドルは、大変な “お仕事” である」ということです。

そして、一般的にアイドルにはメンタル的な強さが求められがちですが、それ以前に、単純に「時間」や「体力」といった面から、アイドルという “お仕事” は、とても “しんどい” ことが、この映画から分かります。


 しんどい.png


映画の構成(内容)的には、自分が思っていたものとほぼ同じでしたが、それを実際に見るのと見ないのとでは大きな違いです。

例えば、『君しか勝たん』のヒット祈願(チアリーディング)生配信について、

モニター越しに「立っているのもやっとなくらいに “体力ぎりぎりの状態” なのではないか」と、当時思っていましたが、その “思っていたこと” が、この映画では、それ以上に “リアルに(そのまま)” 記録されています。

以前にこの日記で、「逆に、大成功するよりもずっと “リアル” で、間違いなく “世の中に元気を!” 与えてくれる内容でした」と、このチアリーディングについて、コメントしたことがありますが、


 以前の記事はこちら >> 日向坂46 ヒット祈願 チアリーディング|とちたの日記


本当のリアルは、「ただただ “しんどい” だけ」であったようです。


そして、その “しんどい” 感じは、ほとんどのメンバーの身に降りかかります。


 Hinatazaka46_DocumentaryFilm2nd


ふだん大人っぽい感じの小坂菜緒が、この映画では、ただただ “子供” に見えたのは私だけでしょうか。


 希望と絶望.jpg


その他にも

 □ 知らなかったこと
 □ 気付かなかったこと
 □ 気付いていたけれど、深く考えなかったこと


など、いろいろと記録されています。

気になることも数多くあり、これは、もう一度観に行くしかありません。


映画は、1本の映画として “きれいに” まとめられている(完成している)ことが、逆に、良くないようにも感じましたが、

日向坂はまだまだこれからで、「映画はまだ完成していない」と言ってよいでしょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

3年目のデビュー Blu-ray豪華版【Blu-ray】 [ 日向坂46 ]
価格:7920円(税込、送料無料) (2022/7/9時点)


posted by とちた at 17:40| Comment(0) | 坂道シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。