2024年03月13日

大谷映美里 本物

TBS『ラヴィット!』で「第6回 ラヴィット!ボンバーマン王 決定戦」が行われ、現「ラヴィット!ボンバーマン王」である =LOVE の 大谷映美里 が、再び登場してきました。


 大谷映美里_ボンバーマン王.jpg


前回は、ほとんど初心者の大谷映美里が、いわばまぐれで “王者” となったわけですが、今回は少しばかり(というか大きく)違っていました。

前回から猛特訓を積んできたという大谷が、無駄のない見事な動きで、王座を防衛 したのです。


 大谷映美里_ボンバーマン王_02.jpg

 こちら >> 大谷 映美里@otani_emiri


間違いなく “本物” です。


前回の “初心者” な感じから、いったいどれだけの特訓を積めば、これ程までに成長するのでしょうか。

尊敬しかありません。


対決だけの出演で、対決後にスタジオを去ってしまったのが残念ですが、この後も『ラヴィット!』に何度となく出演して欲しいものです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大谷映美里ファースト写真集 好きな人 [ 大谷 映美里 ]
価格:2,420円(税込、送料無料) (2024/3/13時点)



posted by とちた at 01:06| 番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月12日

君が心をくれたから 第10話

永野芽郁主演のドラマ『君が心をくれたから』第10話の放送がありました。


 

 こちら >> 君が心をくれたから - フジテレビ


「いったいどういう目的で、このような展開(脚本)にすることができたのか?」と思わざるを得ない放送回でした。


このドラマの設定上、毎回、暗い雰囲気になってしまうことは否めないのですが、

それでも、
 「何か良い方向に繋がるに違いない
という思いで、毎週(欠かさずに)観ていたのですが・・・、

今週は、「何で?」と思わざるを得ない展開でした。

千秋(松本若菜)が、太陽(山田裕貴)の花火のために月明かりに消えていく展開は、まだ納得できるのですが、その一方で、何故、雨(永野芽郁)に、その花火を見せることが出来なかったのか・・・?


 


本当にこのまま、ハッピーエンドでない最終回で終わらせようとしているのでしょうか。


 


今はただ、最終回予告の「奇跡はまだ終わっていません」という言葉(台詞)に賭けるしかありません・・・。




posted by とちた at 04:39| 番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月09日

長谷川美月 買い物の達人

今日の『買い物の達人(王様のブランチ)』は、ゲストがシソンヌじろうとチョコプラ松尾で、案内人が長谷川美月(みちゅ)でした。


 

  >> 長谷川美月 WHITE graph デジタル写真集


長谷川美月は “初めての案内人” ということで、(ロケもスタジオも)涙ありの、思いのほか “感動的” な回になっていました。

毎回、こういった “感動” が欲しいものです。


 


1年後と言わず、近いうちにまた「買い物の達人」案内人をやって欲しいものです。



posted by とちた at 14:20| 番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月27日

君が心をくれたから 第8話

永野芽郁主演ドラマ『君が心をくれたから』第8話の放送がありました。
(以下、少しネタバレを含みます。)


 

 こちら >> 君が心をくれたから - フジテレビ


このドラマは、第1話からして “衝撃の展開” であったのですが、ここ(第8話)に来て、新たなる “衝撃の展開” が待っていました。


 君が心をくれたから_相関図.png


“あの世” の案内人の一人、千秋(松本若菜)が、何と、太陽(山田裕貴)の亡くなった母親だったのです。


そうなると気になって来るのが、もう一人の案内人 日下(斎藤 工)の存在(正体)です。


雨(永野芽郁)が生まれたとき、グズっている赤ん坊の雨を “雨を降らして” あやした人物は一体、誰だったのか?


この後の展開が、俄然、気になります。


そして最後は、是非ともハッピーエンドであって欲しいものです。



posted by とちた at 02:44| 番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月24日

推しの子 実写化

【推しの子】が、実写化されるそうです。

 こちら >> 【推しの子】 実写映像化決定!! | 東映[映画]


 
 (【推しの子】 1 (ヤングジャンプコミックス楽天ブックス


おもなキャスティングは、以下の通り。

 アクア役:櫻井海音
 アイ役:齋藤飛鳥
 ルビー役:齊藤なぎさ
 有馬かな役:原 菜乃華
 黒川あかね役:茅島みずき
 MEMちょ役:あの



 推しの子_実写化.png


これは楽しみですが、同時に、アニメ【推しの子】を高く評価しているだけに、一抹の不安も残ります。


「実写化が残念なアニメ」のひとつにならないことを祈るばかりです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【推しの子】1【Blu-ray】 [ 赤坂アカ ]
価格:7,920円(税込、送料無料) (2024/1/24時点)


posted by とちた at 09:23| 番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする