2021年07月29日

ハコヅメ 第4話

昨日は、『ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜』第4話の放送がありました。


 

 こちら >> ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜|日本テレビ


何週にもわたり放送されるかと思われた “大きな事件” も無事解決し、第4話は、意外とキリのいい終わり方でした。


そうなると、逆に心配になるのが、第5話の放送です。


現在、番組HPのほうには、第5話のあらすじなどは掲載されていません。

昨日の放送ラストも『次回予告』は無く、テロップの内容は「次回のハコヅメもお楽しみに!」でした。


そして、コロナ感染の永野芽郁は、いまだ自宅療養中です。


以上のことから推測するに、おそらく、来週、第5話の放送は無いものと思われます。

おそらく、これまでの放送のダイジェストか、メイキングが放送されるのではないでしょうか。


 


メイキングも面白そうなので、構わないのですが、その後は、出来れば全体の放送回数を増やして、当初の予定通りの台本で放送(制作)して欲しいものです。


posted by とちた at 19:16| 番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月26日

永野芽郁 新型コロナ感染

女優の永野芽郁が、新型コロナウイルスに感染したそうです。




 【2021年7月ドラマ化決定!】 ハコヅメ〜交番女子の逆襲


このニュース自体は、実はそれほど驚いていないのですが、それとは別に(このために)少々マズイことにもなっているのだとか。


永野芽郁は、現在、日本テレビのドラマ『ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜』に出演中ですが、その第5話以降の放送が危うくなっていると言うのです。


 

 こちら >> ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜|日本テレビ


かなり面白いドラマなだけに、これは “マズイ” です。


先週(第3話)の放送ラストで、川合(永野芽郁)は “特捜” に入れられることになりました。

そして、(個人的な憶測では)この特捜事件だけで2週ぐらい引っ張りそうな気がするのです。


つまり、第5話が危ういということは、事件解決前に、放送が一時中断するかもしれないということです。


 


何とかして欲しいものです。


posted by とちた at 19:01| 番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月14日

乃木坂に、越されました 第2回目

AKB48の新番組「乃木坂に、越されました 〜AKB48、色々あってテレ東からの大逆襲!〜」第2回目の放送がありました。


 乃木坂に越されました.jpg

 こちら >> 乃木坂に、越されました〜AKB48、色々あってテレ東からの大逆襲!〜 | テレビ東京・BSテレ東 7ch(公式)


あくまでも、個人的な意見(感想)ですが・・・

先週の初回放送に次いで、この第2回目の放送も “要らなかった” ように思います。


番組MCがひろゆき氏ということで、「討論番組みたいになったら嫌だな」と思っていたのですが、昨日(深夜)の放送は討論にもなっていなかったようです。

あえて、そのように(ひろゆき氏が一方的に「論破」しているように)編集しているのだとは思うのですが、何だか私にはひろゆき氏とAKBの間に “距離” があるように思えてしかたありませんでした。


それでも、

昨日の放送で、何か良かったことを挙げるとすると、


 
 (ネットショップ駿河屋 楽天市場店


大西桃香が、ひろゆき氏に
「AKB48は48人ではないです!」
と怒っている(?)シーンでしょうか。

発言の内容とか、勝ったとか負けたとかいうことではなくて、大西桃香が何かを主張している姿が、私は特に好きです。


果たしてひろゆき氏は、“朝5時半の女” 大西桃香のことをどれだけ知っているのでしょうか。


そして、次回の放送は、どうやら「楽屋に隠しカメラ」的な内容になるようです。

いろいろ言っていた割には、“意外と普通” なので驚いています。


個人的には、そういった “意外と普通” なものを観たいわけですが・・・。

 AKB48ストア.jpg

 >> AKB48ストア


posted by とちた at 16:43| 番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月08日

ハコヅメ たたかう!交番女子

戸田恵梨香と永野芽郁主演のドラマ『ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜』の放送が始まりました。


 

 こちら >> ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜|日本テレビ


これは、おもしろいです。

ムロツヨシの共演もあり、思わず『親バカ青春白書』のことを思い出しました。


また、描かれている新人警察官・川合麻依(永野芽郁)の姿が妙にリアルで、「警察官になるとはこういうことか」と感心しながら観ていました。


原作は、講談社『モーニング』連載の同タイトルの漫画

 こちら >> 原作コミック第1話試し読み|ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜


 

 (ハコヅメ~交番女子の逆襲~ テレビドラマ化記念 1巻~3巻お買い得パック


原作者の泰三子さんのプロフィールを見ると「某県警に10年勤務」とあります。

新人警察官の描写が妙にリアルなのには、そういった理由があったわけです。


これは、原作もチェックしないわけにはいきません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


親バカ青春白書 DVD-BOX [ ムロツヨシ ]

価格:14267円(税込、送料無料) (2021/7/8時点)


posted by とちた at 20:08| 番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月30日

映画 ヒノマルソウル 観てきました

映画『ヒノマルソウル 〜舞台裏の英雄たち〜』を観てきました。


 

 こちら >> 映画『ヒノマルソウル 〜舞台裏の英雄たち〜』公式サイト


やっと観ることができました。

噂通りの “とても良い映画” だと思います。


この映画の、元々の目当ては、日向坂46の小坂菜緒だったのですが、テレビで何度も特集(紹介)されるのを見て、“映画そのもの” が観たくて仕方なくなっていました。

そして、新型コロナに影響による公開延期が、何度かあり、

さらに、こちらの都合などもあって

・・・今日、やっと観ることができたわけです。


 

 >> 映画『ヒノマルソウル〜舞台裏の英雄たち〜』オフィシャルブック


実際に映画を観てみて、一番に驚いたのは、
小坂菜緒が、かなり重要な役 を演じていたことです。

当初は、「話題作りのためにアイドルの女の子をちょっとだけ起用したのだろう」ぐらいに思っていたのですが、

全然、そのような感じではありませんでした。


 


思いのほか、出演シーンや台詞は多く、小林賀子(小坂菜緒)の行動や言葉が、他のテストジャンパーたちの心を動かすシーンが “何度も” ありました。


この重要な役どころを演じる “俳優” として小坂菜緒が指名されたことに、この映画スタッフの “プロとしての凄さ” を感じます。

この映画の制作が始まった頃は、ちょうど小坂菜緒が、ドラマ『DASADA』で主演を果たしていた頃です。

あの “佐田ゆりあ役” を見て、「この娘なら大丈夫だ」と思ったのでしょうか?


 大した千里眼です。


それ位に『ヒノマルソウル』の小林賀子(小坂菜緒)は重要な役どころでした。


そして、その小坂菜緒は、(おそらく映画のプロモーション疲れもあり)現在、休養(活動休止)中です。


 

 >> 小坂菜緒(日向坂46)1st写真集 君は誰?


早く元気になって欲しいものです。


今日、『ヒノマルソウル』を観てきたことで、「少しだけ、(小坂菜緒の)肩の荷がおりてくれたのでは」などとも思ってしまいました。


posted by とちた at 01:42| 番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする