2022年06月17日

レジャーシート素材を使ったバッグ

今、“でかバッグ” が注目されているようですが、



その中でも人気なのは、この「レジャーシート素材を使ったバッグ」なのだとか。

 
ACOMMODE(アコモデ)の「パンチトートバッグ」などは、丈夫なレジャーシート素材を使用した上に、表面に防水性に優れたPVCを被せてあります。



 

 こちら >> トートバッグ アコモデ 透明 PVCFRIdSTORE(フリッドストア)


汚れをサッと拭きとれることで、レジャー(アウトドア)での使用に最適なのですが、


 


防水なので、梅雨の時季にも重宝しそうです。


posted by とちた at 08:45| 生活雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月12日

クロス骨 耐風傘

1本の傘骨を2ヶ所で支える「クロス骨」仕様の耐風傘というものがあるそうです。


 

 こちら >> Waterfront 公式 クロス骨 65cm手開きWaterfront OFFICIAL SHOP


裏から見ると、このような感じですが、


 


よく見ると、1本の骨に対し、つなぎ部分が2つあることが分かります。


 クロス骨_傘.jpg


受け骨を二重構造にすることで、風に対する抵抗力を強めているのです。


 


これは、珍しいです。


これで、風の強い日も安心して傘をさすことができます。


ラベル: 二重構造
posted by とちた at 00:57| 生活雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月05日

あざと毛スティック

「あざと毛スティック」というヘア・アイテムがあるそうです。




 こちら >> Me&Her (ミーアンドハー)あざと毛スティック/utena ウテナウテナ


その名の通り、「あざと毛」を作ることのできるスティックです。


 


「あざと毛」というのは、顔まわりにかかる、「つい触りたくなるような独立した髪」のことです。


  あざと毛.jpg

 (画像:「大橋の美容室FLEAR フレア船津ブログ」より)


あえて狙って作っているので「あざと毛」と言うのですが、この「あざと毛スティック」は、そのあざと毛を “狙って作る” ことができるのだとか。


 


スティックの先は、このように「極細コーム」になっています。

そして、この極細コームを使って毛束を引き出すことで、“自然なあざと毛” を作り出します。


 あざと毛スティック.jpg


極細コームが引き出す毛束の量が、自然と “適量” になるからです。


 


「あざと毛」に挑戦して見たい方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Me&Her (ミーアンドハー)あざと毛スティック/utena ウテナ
価格:1210円(税込、送料別) (2022/6/5時点)


posted by とちた at 00:31| 生活雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月27日

ポップアップシール

こちらも『ラヴィット!』で紹介されていました。

「ポップアップシール」という “手帳に貼るシール” です。


  こちら >> キングジム HITOTOKI ポップアップシール


貼ると、飛び出す絵本のように起き上がるように出来ていることが、大きな特徴です。



スケジュール帳やメモのデコレーションとして使えますが、


  ポップアップシール.jpg


貼り過ぎると、書いてあることが読みづらくなってしまうので、注意が必要です。


 ポップアップシール_02.jpg


今、大人気 のアイテム(文房具)なのだとか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キングジム HITOTOKI ポップアップシール KING JIM 立体 手帳
価格:462円(税込、送料別) (2022/5/27時点)


posted by とちた at 08:33| 生活雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月26日

ウエストバックル

今朝放送の『ラヴィット!』で、矢吹奈子が紹介していた「ウエストバックル」というアイテムが、なかなか良いです。


 

 こちら >> ウエストバックル 男女兼用 大人子供兼用 アジャスターRAM180度


サイズが合わない(大きい)ズボンやスカートのウエストサイズを短くすることのできるアイテム(アジャスター)です。


 ウエストバックル.jpg


パーツ構成は、下のようになっており、


 ウエストバックル_02.jpg


生地に針を突き刺して固定するものの、衣類にさほど大きなダメージを与えない(穴を開けない)で装着できることがミソです。


 ウエストバックル_03.jpg


着脱も楽で、安全ピンよりも “かなり安全” なので、とても良いと思います。


posted by とちた at 15:56| 生活雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする