2021年12月05日

Canon iNSPiC

Canon の「iNSPiC(CV-123)」というカメラ


 


見た目は、どう見てもカメラですが、製品としては「カメラ内蔵の小型プリンター」になるそうです。


 こちら >> キヤノン CV-123-WH インスタントカメラプリンターiNSPiC楽天市場


カメラで撮った写真を、すぐその場でプリントすることができます。

しかも「シール紙対応」なので、撮った写真をシールにしてノートなどに貼って楽しむこともできるのです。


 


昔懐かしい「プリ帳」のようなものが簡単に出来てしまいます。


さらに、スマホの写真がプリントできる “スマホ連携モデル” の「iNSPiC ZV-123」もあるとのこと。


 


サイズもコンパクトなので、とても良いと思います。


posted by とちた at 00:30| IT・デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月20日

もふりん MOFLIN

ペット型AIロボット「もふりん(MOFLIN)」が、凄すぎます。


 

 こちら >> もふもふした愛らしさを持つAIペット型ロボット「もふりん」 | ロボスタ


何と言っても “動き” が、凄すぎるのです。

動物の赤ちゃんにしか見えません。


実際、何かの動物だと思ってしまう人も多いのではないでしょうか。


さらに、“感情を持つためのAI” が搭載されているとのことで、飼い主の行動に応じた行動や鳴き方までするそうです。


クラウドファンディングからスタートしたガジェトですが、現在、有楽町にある体験型ストア「b8ta(ベータ) Tokyo-Yurakucho」で手にすることができます。


 


これから先、ますますこういった “ペット型ロボット” が増えていくのではないでしょうか。


 

posted by とちた at 16:19| IT・デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月07日

アボットライリー

「家にペットを飼っている」などの理由で、「見守りロボット」を探している方にお薦めの一台があります。


 


ライオン事務機から発売されている「アボットライリー」という見守りロボットです。


 こちら >> カメラ付き 見守り ロボット appbot RILEY アボット ライリー(LION)インテリア雑貨 フラネ flaner


スマホ操作で好きな場所に(リモコン)移動できる点や、基本的な機能・性能などは、他の(移動型)見守りロボットとほぼ同じだと思います。


 


しかし、「アボットライリー」には、おそらくこのロボットにしか付いていないであろう機能が2つ搭載されています。


ひとつが「ドッキングシステム」と呼ばれるもので、充電が必要になったときに、充電台の近くまで移動することさえできれば、あとはロボットが勝手に充電台とドッキングしてくれる機能です。


 


そして、もうひとつが「起き上がり機能」

万が一移動中にコケて(倒れて)しまった場合でも、「起き上がりアイコン」を押すだけで、自力で起き上がることができるように設計されています。


  アボットライリー.png


たまに起き上がれないときもありますが、この2つの機能がついているだけで、外出先でがっかりする(早く帰りたくなる)ことは少なくなります。


posted by とちた at 20:14| IT・デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月01日

ノートン ダークウェブ モニタリング

先ほど放送の『無料屋(ただや)』という番組で、「ノートン ダークウェブ モニタリング」というセキュリティープログラム(ソフト)のプレゼンがありました。


 

 ソフマップ楽天市場店 >> Symantec ノートン ダークウェブ モニタリング


自分の個人情報が、闇サイトを含む web上で流出していないかどうかを監視してくれるサービスとのことです。

さらに、流出していた場合には、通知してくれるばかりでなく、「どのように対応すべきか」までを教えてくれます。


 


これは、今すぐにでも導入したいものですが、逆に、自分の個人情報が流出していることを知ったときの “恐怖” というのも、計り知れないものがあります。


おそろしい世の中です。


posted by とちた at 03:27| IT・デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

仰向けゴロ寝デスク2

「仰向けゴロ寝デスク2」という製品があるらしいです。


 こちら >> スマホタブレット対応「仰向けゴロ寝デスク2」TKGORODK


スマホやタブレットをベッドや布団に横になったまま、“仰向け状態で” 操作することのできるデスクです。


 


ホルダーが、スマホやタブレットをしっかりと固定しているので、重力に反して目の前にあっても落ちてこないのです。


 TKGORODK.jpg


「いつか落ちてくるのではないか」というドキドキ感も、逆に “たまらない” かもしれません。


 


心配性な人は、簡易テーブルやサイドテーブルとしても使えます。


posted by とちた at 08:49| IT・デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする